2013年01月31日

食べ過ぎのたたり

ハノイ Ha Noi

昨日露店で買ったランブータンと言う果物。3-4cmの大きさで見た目は悪いが殻を破ると真っ白な実が出てくる。中に大きな種があるので、それほど食べられないが甘くって水々しく美味しい。
ランブータン

自転車の掃除をしようと宿の人に話したところ、近くにあるバイク掃除屋さんを教えてもらう。

洗車屋さん

水圧を掛けて泥をふきとばし、石鹸で洗ってくれる。
洗車中

自転車は仰向けにして

見ている途中、突然気持ち悪くなってきて、直ぐホテルに戻る。

こりゃやばい!直ぐトイレに入り、上から下から。脂汗、鼻水がでてきて40-50分程でやっと収まった。ここ2-3日の食べ過ぎが原因だろう、消化しきれないのだ、きっと。
少し休んでから自転車を取りに行ったが、周りのいろんな匂いがしてくるので、またもどしてしまった。

ベッドで2時間ほど寝てしまった。手足が痺れて寒かったが動けない。脱水症状なんだろうか?少し水を飲んだら次第にしびれも収まり、体は暖かくなってきた。

しかし、その後、水も薬も受け付けない状況が夜まで続いた。熱はないので体は平気なんだが。

2013年01月30日

ハノイはバイク天国

ハノイ Ha Noi

泊まったホテル界隈
ホテル界隈

自転車のチェーンオイルが少なくなってきたので、ネットでハノイのGIANTショップを検索すると20店以上出てくる。住所と電話番号だけで地図がないので、ホテルのフロントに場所を地図に書き込んでもらい自転車で出かける。ハノイ市内を流れる大きなサイゴン川を渡り、しばらくして見つかった。オイルはスプレー式ではなく普通のオイルだったが購入。

市内を流れるソンホン川
ソンホン川

この橋は鉄道とバイク・自転車専用
ソンホン川を渡る橋で

次に市内の反対側の店まで。
バイクの多さが物凄い。道を渡ろうとしても切れ目がないので、そのまま立ち止まっていると全く渡れない。隙を見て少しずつす渡る。決して急いではいけない。バイクや車も前を良く見ているので避けてくれる。狭い道などでは車は身動きができないが、バイクはその間を次々くぐり抜けていく。正にバイク天国だ。
バイクが多い

このバイクの多さ

市内のホアンキエム湖
市内のホアンキエム湖

二軒目のGIANTショップで右側のペダルから一回漕ぐ毎に音がするのを思いだし、修理してもらう。ところが店にトラックが着き、大量のバイクが入荷。
GIANTショップ

ショップ内

ペダル修理

しばし隣のケンタッキーにて休憩。ポテトと冷えていないコーラだけで180円ほどだから割高かなー。
KFC

休憩中に修理が終わり(210円)しばらく様子を見てみよう。

若干曇り空から太陽が見え隠れする。少し日がさすとやはり暖かく半袖でも十分。
久しぶりに太陽が

バイク店の近くにアウトドアショップがあった。
アウトドアショップ内

ウインドブレーカーを一枚欲しかったので、ノースフェースを購入。295,000ドン(1,240円)安い。偽物ではなさそうだ、日本だったら7-8,000円はするだろうか?
ウインドブレーカー

コンビニを始めて見つけた。コーヒー、紅茶などを購入。洗剤を欲しかった量がありすぎて諦めた。
コンビニ

コーヒー、紅茶類

ホテル近くで夕食。黄色い麺にチャーシュー、ワンタン、卵など具沢山であっさり味のラーメン、美味しい!これまではインスタントのラーメンしかないと思っていた。

VANのお店

VAN

s-R0012564

走行距離:32Km

2013年01月29日

小道具ベスト7

私が持ってきた道具でこれまで活躍しているグッズを紹介します。

1.バックミラー
路肩を走っている時、障害物や水たまりなどで道路の真ん中に寄りたい時がある。そんな時、後方確認できる。安全に走るにはこれは最重要だ。自転車用バックミラーは右側だけしか使えないタイプがあるので、購入する時は、左右使用できるタイプを選ぶ。また、ドロップハンドルに付けるものだと小型のものしかないので、多少大きめがいいと思う。
バックミラー

2.コンパス付きベル
自分がどっちの方向に進んでいるのか地図と照らし合わせでコンパスがあると便利。
方向がおかしいと不安になり、止まって人に聞いたりして何度か戻った事がある。
コンパス

3.デイバック(ポケッタブル)
大事な物は全てこのバックへ入れ、ぐるぐる丸めてハンドルバックに収納している。自転車を降りてトイレに行く時や町での買い物にも両手が空くので便利。モンベルの15Lサイズ。
デイバック

4.iPod タッチ
街中で道に迷った時、GPS機能が付いているので、Google マップ上に現在の位置を示してくれる。WiFiがない所はだめだが、大きな街であれば大体WiFiが飛んでいる。
またコンビニなどでWiFiがあるので、ちょっとしたメールも見れる。(除く:ベトナム)また、ホテルの部屋では音楽を聞いている。ホテルにWiFiが無い時、外に出てWiFi検索にも使用できる。
iPodタッチ

5.洗面器
ホテルには洗面台の無いところもある。またあっても栓がなかったり壊れている場合がある。顔を洗う時や洗濯する時に便利。折りたたんでバックに入れれるので助かる。
洗面器 折りたためる

6.ドライヤー
タイやラオスでは晴天が続き、洗濯物は部屋の中でも一晩で乾いていたが、ベトナムでは梅雨のような曇り空が続いている。そこに来て本領を発揮してきたのが、このドライヤー。洗った後、30-40分位ドライヤーで乾かす。翌朝まだ乾いていなかったら、出発前にかける。
ドライヤー

7.湯沸かし器
ホテルで暖かいコーヒーなど飲みたくなる。2-3分でコップ一杯の水が沸騰してしまう。注意点はヒーターの基準線迄水を入れプラグを差し込む。湧いたあとはプラグを抜いてからコップのヒーターを引き抜く。あくまでヒーターは空焚きしない事。コンパクトで優れものだ。
湯沸かし器

これらはどれも皆、欠かせないものばかりで非常に役に立っています。
posted by mino at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする