2012年12月18日

ガソリンストーブ

キャンプ用ストーブは大きく分けてガスタイプとガソリンタイプがあるが、ガスタイプは燃料のガスカートリッジの入手が難しいため、自動車用ガソリンを使用できるガソリンンタイプに決めていた。 今年夏、MSR製ウィスパーライトインターナショナルを購入していました。

ところが、先月アウトドア・ショップで店員とテントの話をしている内、話題が MUKA ストーブに変わった。 でもその時点では、既に購入していたので適当に流して聞いていた。 店員によると、通常この手のストーブは煩わしいプレヒート (ガソリンをためて火を点け、しばらくの間ストーブ全体を火で包み、ノズル内のガソリンが気化する程度に余熱する作業) が必要だが、この MUKA は必要なし。 またホースは硬いがMUKAは非常に柔らかくフレキシブル、よってコンパクトに収納できる。 手に取ってみると各部品はきめ細かく作ってあるのがわかる。 昨年誕生したらしい Made in Japan。

その後、これが気になって。。。  とうとうこの前購入してしまった。 MSRはまだ未使用だったのでオークションへ出品。 若干安くして出したら、三日後に落札! 買った時は2割引きで購入していたのでトントンかな? 

そこでこのストーブを使用してみました。 ガソリンストーブのポンピングをやった後、点火。勢いよく炎が舞い上がり、やがて安定する。 火力もあり、シューといういい音がする。 火力調整も問題なし。 おとなしいガスカートリッジタイプとは一味違う ”ワイルドだぜぇ〜” な感じがする。

SOTO MUKAストーブ
SOTO MUKA ストーブ SOD-371

MUKAゴトクを折りたたんだところ
ゴトクを折りたたんだところ

MSR ウィスパーライト インターナショナル
MSRウィスパーライト インターナショナル
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備>装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする