2011年12月30日

今年を振り返って、原発事故

あまりにもショッキングな出来事だった東日本大震災。 かつて経験もしたこともない巨大地震。 直後の大津波、それに伴う原発事故。 放射能の恐怖に脅かされ、計画停電で質素な生活を余儀なくされた。
 
この恵まれた平和な生活に慣れてしまった現在、休日などの街中では多くの人々がオシャレを楽しみ、何事もなさそうにのどかに過ぎていく。 こうした日本の現代社会では自然災害なども超越してしまうのでは? 災害など遠い過去のものではないかとも思われてしまいそうな感が私の中にあった。 
 
だが、その災害が現実に起こってしまった。 毎日のさぞ平凡に思える生活がこれほど大事なものだったのかと殆どの日本人が心に刻んだ年ではなかったろうか。
 
日本は過去に原爆を落とされた国である。 放射能による怖さは十分わかっていたはずだが、またしてもその放射能がばらまかれてしまった。 我々日本人は戦後の経済復興という政府方針に呑まれてしまい、人々の生活が豊かになることで、原発の危険を別の所へ退けられてしまったかのようだ。 原発保有数はいつのまにか世界3位になっていた。 原発は安全と思い込んでしまっていたのだろうか? 確かに日本人は人前であまり自分を主張したがらない民族であり、政府の対応に苛立ちはあっても怒ることをしない。 あまりにも愚かな民族なのだろうか? と思えてくる。
 
今回の東電事故を徹底的に検証し、問題点を明らかにし、もう二度と繰り返さない仕組み作りをすべきだ。 そのためには何年かかっても核に頼らない電力の将来像を作り、そこに人々の英知をそそぐ時だ。 当然、社会のあり方や私たちの生活スタイルも見直さなければならない。

2011/12/30-0


posted by mino at 00:00| Comment(0) | 過去>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

模写

今年から始めた絵画教室。風景は少し慣れてきたので人物模写にチャレンジ。
顔の表情は特に難しく巨匠の油絵と比較すると一目瞭然。ちょっとした線のずれ、位置、影などでまったく違う顔になってしまう。

アルベール ベナール、ロジェ ジョルダン夫人 Albert Besnard 2011年8月
最後の読み込み-10

ルノワール、 イレーヌ嬢の肖像 Renoir, Irene Cahen D'Anvers 2011年9月
最後の読み込み-9

John Knox、Lock Katrine 2011年10月
最後の読み込み-12
posted by mino at 00:00| Comment(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする