2018年06月06日

アフリカ旅講演会のお知らせ

昨年のアフリカ旅の講演会が藤沢にて開催されます。今回の内容は、ナイル川沿いの古代エジプト文明や過酷な砂漠地帯、街道沿いに住む人々の暮らし、野生動物との遭遇、トラブル等、旅中の様々なエピソードをご紹介します。

s-DSC0528

- 日時:6月17日(日)14時〜16時(受付:13:30〜)
- 会場:湘南朝日ビル4F SHOWHALL
- 住所:神奈川県藤沢市藤沢575-10 (JR藤沢駅北口より徒歩4分)
- 参加費:1,000円
- 先着:40名様
- 申込方法:電話にてお名前、参加人数、住所、電話番号をお伝えください。
- 受付TEL:0120-198-337(受付時間:9:00〜17:00)
駐車場・駐輪場はございません。お近くの有料駐車場・駐輪場をご利用ください。
 
s-DSC05211 (2)



皆様のお越しをお待ちしております。
posted by mino at 12:12| Comment(0) | トーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

久々のバイク

アフリカに行く前は膝が痛くって、どうなることか心配だった。痛み止めを大量に常備し、スタートしたものだ。幸い痛みは全く出ず、無事完了した。帰国後は以前できなかったジョギングもまたできるようになっていた。長い自転車旅で膝を支える筋力が鍛えられたのだろうか?その後も亀のような遅さだが、1時間半ほど全く問題なく走れていた。

気軽にできるジョギングのせいか、自転車からはこの半年、遠ざかってしまった。

今年2月、腰痛になってしまったのも主な理由だ。病院の診断では加齢に伴う腰痛との事、中々回復せず、時々湿布薬を貼って痛みを止めているような感じ。いつの間にかもう5月になっていた。

自転車だったら、前の膝のように治るかもしれないと、かすかな望みをかけたい。
今日は朝から暑い。溜まった埃を落とし、サー久々のライドだ。

湘南海岸に出て、江ノ島を望む。

s-DSC05197


快晴の空の中、海からの風は心地良い。腰の痛みはあるものの快調に走る。
でも徐々に痛み出してきた。

大磯港にて

s-DSC05199

帰りはスピードを抑え、姿勢をいろいろ変えながら進む。

昼食は自宅近くのラーメン店へ。汗をかいた後、濃い味のスープにつけ麺は最高!

s-DSC05200

今日は40Kmちょっとの距離、腰の痛みはあったが十分に満足できた。
posted by mino at 21:48| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

ナミビア、南アフリカのスケッチ

29.クリストゥス教会  ナミビア、ウィントフック
ナミビアの首都ウィントフックは標高1655Mの高地に位置し坂が多い。近代的なビルが建ち並び、先進国のような感じがする。街のシンボルの教会。

s-DSC04969

30.赤いナミブ砂獏  ナミビア、セスリム
ナミブ砂獏は大西洋沿いにあり、約8000万年前に生まれた世界で最も古い砂漠と考えられている。赤みがかった砂丘の曲線が織りなす光景は世界一美しい砂漠と言われている。

s-DSC04971

31.死の沼地  ナミビア、デッドフレイ
干上がってひび割れした白い沼地に数百年前に立ち枯れした黒い木々。砂丘の赤に空の青、音も無く幻想的な世界が広がる。

s-DSC04976

32.フィッシュ・リバー・キャニオン  ナミビア、ホバス
アメリカのグランドキャニオンにつぐ世界2位の広さを誇る大渓谷。ここに行くまで、所々深い砂に覆われたダートを2日がかりだった。

s-DSC04983

33.朝のオレンジ川  ナミビア、ノールドエワー
フィッシュ・リバー・キャニオンからダート道を南下するが、深い砂道でギブアップ。ヒッチハイクでこのキャンプ場近くまで乗せてもらった。ナミビアと南アフリカの国境を流れるオレンジ川。向こう側は南アフリカになる。

s-DSC04986

34.テーブルマウンテンを望む  南アフリカ、ケープタウン
ケープタウンのシンボルであるテーブルマウンテンはかなり遠くからでも見えていた。大西洋沿いの近くから望むテーブルマウンテンは迫力があり美しい。ようやくこのケープタウンに到着した。

s-DSC04987

35.可愛らしいペンギン  南アフリカ、サイモンズタウン
喜望峰に行く途中、ペンギン居住区に立ち寄る。歩く姿や動作が可愛らしく愛嬌があった。

s-DSC04993
posted by mino at 10:51| Comment(0) | 旅スケッチ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする