2017年06月26日

湖畔のロッジで寛ぐ

Nkhata Bay in Malawi , Jun/12(Mon)
Run: 0Km, Cumulative: 33987Km
Butterfly Lodge

目覚めは外が少し明るくなった5時半、いつもの時間だ。朝食を食べていると日の出。

s-DSC02265

あら、猿が出てきた。私を見てもあまり驚かず、かなり近くまで寄ってくる。

s-DSC02268

このロッジは湖畔に面した崖のような所にあって、昨日はルート号を下すのに大変だった。

設備はあまり大きくなく、手造り感があって、私には落ち着く。

一番下の湖畔沿いにバーがあり、デッキが湖畔ギリギリまで張り出している。

s-DSC02290

s-DSC02274

近所の人が湖で洗濯をしていた。水は透き通っていて綺麗だ。

s-DSC02278

レセプション

s-DSC02299

半円形のロビーは、外の景色を十分に楽しめるように広くとっている。
午前中はマラウィのルートを調べて、大体の日程を組む。

s-DSC02289

トイレは水洗ではないが、しょうがないだろう。右側のドアが閉まっていれば、使用中になる。用をたしながら湖の景色が楽しめる。左側がシャワー、これも屋根がないオープンエアなシャワーだ。
一応ぬるま湯はでる。

s-DSC02286

ここはレストラン

s-DSC02301

昼食は牛肉の煮込みにご飯。柔らかい肉で美味しかったがご飯がちょっと硬い。昨日の残りだろうか?

s-DSC02293

昼食後、自宅とラインビデオ電話。マラウィに入って買ったairtel のSIMカードは、これまでのところ、大体の場所で使えている。スピードは場所によって違うが、ここは速く画面もまあまあ綺麗。

ルート号のメインテナンスをし、スケッチを楽しむ。

s-DSC02298

欧米の人はこのようなロッジが好きなのだろう、客は結構いる。

s-DSC02300

2017年06月25日

山から湖へ下る

Mzuzu → Nkhata Bay in Malawi , Jun/11(Sun)
Run: 54Km, Cumulative: 33987Km
Butterfly Lodge

テントに上の木から、時々水滴が落ちる音がしていた。かなり湿気があるのだろう。

朝、電気を点けている発電機が突然止まってしまった。宿の人に聞くと日中電気は止まるとの事。昨夜も発電機を回していて、ピザはできないと言っていたが、この辺は時々電気がストップするのだろうか?

もう1泊しようと思っていた矢先、これではパソコンもできず、寛げないと出発することにした。中々私が満足いくよう宿はないものだ。

室内やテラスは上品で、お洒落な雰囲気があるのだが。

s-DSC02241

夜露でべっとりになったテントを干す。日差しが強く直ぐ乾いた。

s-DSC02240

気温20度、9時40分スタート。今日は距離が短いし、マラウィ湖に向かうので下り坂になる。道はあまり良くない。

s-DSC02246

s-DSC02247

途中、道路の拡張工事が行われていて、ようやくいい道になった。

s-DSC02252

この辺の山沿いにも民家はある。子供たちも水運びを手伝っている。

s-DSC02254

炭は袋一杯というか、はみ出してまで高く積んである。

s-DSC02255

12時10分、33Km、大分下ってティンビリ村に着いた。

s-DSC02257

サツマイモ揚げとゆで卵の昼食。これしかないと思えば、揚げたてサツマイモも美味しいものだ。

s-DSC02256

目的地ンカタ湾はここを3-4Kmほど直進した所。かなり暑くなってきた。

s-DSC02258

ンカタの商店街では、70-80cmはありそうなでっかいナマズが売られていた。

s-DSC02261

15時過ぎ、標高500M、湖畔沿いのバタフライ・ロッジに到着。

テントを張って、溜まっていた衣類の洗濯を済ませる。

s-DSC02263

夕食は魚スパゲッティを注文。結構美味い。

s-DSC02264

2017年06月24日

高原のアップダウン

Rumphi → Mzuzu in Malawi , Jun/10(Sat)
Run: 74Km, Cumulative: 33933Km
Macondo Camp

朝食を食べている時、宿のオランダ人オーナーが起きてきて、手作りパンとコーヒーをご馳走になった。

8時20分出発。標高1100Mの朝はカラッとして気持ちいい。

s-DSC02220

昨日来た山沿いの道を東へ戻る。

s-DSC02221

9Km走って右折、本線に戻る。緩やかなアップダウンを繰り返していく。

s-DSC02224

11時40分、36Km、大きな鉄板で何かを揚げていたので立ち寄る。聞くと豚肉だった。丁度パンを持っているのでサンドイッチにして食べる。かなりの量があったので、少し残したら、周りにいた人がワッと群がってきた。

s-DSC02227

向かい風だが、気になるほどではない。今日の目的地ムズズまで後21Km。

s-DSC02230

13時40分、46Km、エクウェンデニでジュース休憩。

s-DSC02232

その後もアップダウンは続き、少しずつ標高を上げていく。

s-DSC02234

15時半、標高1300M、大きな町ムズズに入った。まだ新しい綺麗なモールがあったので買物。ジュースやインスタントコーヒー、マーガリンを購入。マーガリンはあまり暑いと溶けてしまうので、なるべく日が当たらない所に仕舞っている。

s-DSC02236

坂を上り、前に出会ったサイクリストに教えてもらったキャンプ場に到着。

s-DSC02237

直ぐテントを張ったが、かなり湿っていて直ぐベトつく。

s-DSC02238

シャワーは熱いお湯が出できた。今まで殆ど水シャワーだったので、何か凄く久しぶりのような気がする。お湯でじっくり身体を温めた。

2歳位の男の子がいる若いイタリア人ご夫妻が経営している。夕食はカルボナーラを堪能する。夜はかなり冷え込んだ。

s-DSC02239